やっと手に入れた海外医薬品!今の時代はネット通販でジェネリックGET

海外医薬品はジェネリック

皆様こんな経験はありませんか?
病院に行って処方箋を貰い薬局でお薬をもらう際、「ジェネリック医薬品にされますか?」と薬剤師さんに聞かれます。
そもそもジェネリック医薬品って何?安いけど効果はどうなの?と思われている方は多いと思います。
ジェネリック医薬品(以下後発医薬品)は一体どのようなものか。そもそも薬というものは大まかに先発医薬品と後発医薬品に分類されます。
『先発医薬品』は後発医薬品のもととなっている薬で、何と言っても新薬(最初に作られた薬)なので、安心感が高いというメリットがあります。ただし大量に買うと出費がかさみます。
そして『後発医薬品』は文字通り先発医薬品あとに作られた薬です。
メリットは何といっても"効果がおなじなのに安い"という点です。
先発医薬品をもとに作られているので主成分は同じです。そして有効性や安全性が実証されているので、作る段階での開発期間やコストを抑えられるため先発医薬品より安く購入できます。
例えば慢性的な持病を持っていて薬を飲み続けなければいけない方は毎月先発医薬品を買っていると出費がかさみますが、後発医薬品に変更すれば、毎月の薬代を減らすことができます。
また、不安な方は先発医薬品を最初に試し、効果があるかも!と思ったら後発医薬品に移行している場合も多いようです。
でも日本ではどちらも病院に行って処方箋を貰わないと買えません。
お仕事で忙しかったり、家を出られない主婦の方、わけあって家族に病院に行ったことを知られたくない方はたくさんいると思います。
しかしそんなときに便利なのが、海外医薬品をネット通販で個人輸入できるサイトです。
薬事法では薬を海外から個人輸入することは個人使用の目的にのみ許可されているので、個人での使用目的であれば、海外医薬品をネット通販で代行してもらうことができます。
ただすぐに薬が必要だ!という方は医療機関に行っていただくのが一番です。
なぜかというと通販サイトでの個人輸入は海外からの発送になるので関税を通るため到着まで10日~1週間ほど見ていただく必要があります。
ネット通販で薬を購入される時は病気にかかった際に必要なストックとして置いておく目的でも良いですね。